心理カウンセラー

ナースステーションと看護師

近年、心理カウンセラーの仕事をしたいと思う人の数が、増えてきています。それに応じて、心理カウンセラーの講座が増えています。以下に、講座選びの注意点を説明します。 心理カウンセラーには、たくさんの種類の職場があります。その職場に応じた資格が必要な場合があるので、注意が必要です。例えば、スクールカウンセラーには、臨床心理や精神科医の資格が必要です。よって、自分が働きたい職場に応じた資格が取れる講座を選ばないといけません。 また、資格が取れたからといって、すぐに働けるわけではありません。講座によっては、進路相談に応じてくれるものもあるので、サポート体制がどうなっているのか、確かめることも忘れてはいけません。

心理カウンセラーは、職場の幅が広がっており、今後も需要が増えていくと思われます。よって、自分の働きたい分野で働くことができる可能性が高いです。しかし、勤務形態は正社員や正職員ではなく、非常勤のものが多いです。これは、短時間勤務の求人が多く、フルタイム勤務が少ないからです。もちろん、正社員や正職員の求人がないわけではないのですが、求人が少なく、希望者が殺到してしまうことがあるようです。フルタイムで働きたい心理カウンセラーは、職場を掛け持ちをしていることもあります。 また、賃金は期待できるほど貰えないことが多いようです。しかし、人と直接接し、変化を感じるなどやりがいがある仕事です。こういったことを踏まえて、自分は何の為に資格を取るのか、きちんと考えてから講座を選べると後悔しないでしょう。